3DSソフト ファイアーエムブレムifをクリアして売りました

「ファイアーエムブレムif」はニンテンドー3DSのソフトです。今年で25周年となる「ファイアーエムブレム」シリーズの最新作として、古参のファンはもちろん、前作「ファイアーエムブレム覚醒」からのユーザーも大きく沸かせたシュミレーションゲームでした。

本作は対照的な2つの国、白夜王国と暗夜王国の戦争を描いた物語です。プレーヤーは最初に自らの分身となるキャラクター(初期名は男女とも「カムイ」。変更可)を作成しますが、この主人公の設定が胸を熱くさせます。

主人公は平和を愛する国・白夜王国の王族として生まれましたが、幼いころ、世界侵略を目論む暗夜王国によって連れ去られ、暗夜の王族として育てられました。主人公はその事実を知らず、暗夜王国の王族である4人の『きょうだい(兄、弟、姉、妹の4人)』たちと共に暮らしていました。しかし、暗夜王国が白夜王国への侵攻を本格化させた際、主人公は軍部の罠により命を狙われてしまいます。何とか生き延びた主人公がたどり着いた先は、白夜王国でした。そこで主人公は白夜王国の王族である4人の『きょうだい(暗夜と同じく兄弟姉妹)』と出会い、真実を知らされます。

やがて二つの国は本格的な戦争状態に突入しますが、そのとき主人公はどちらの国に味方するかという究極の選択を迫られるれることになるのです。

今回のファイアーエムブレムはタイトルのもあるように「if」がテーマとなっています。ノベル系のゲームで言うところの選択肢にあたるものは本作にはありませんが、その代わり、主人公がどちらの国に味方するかによってソフトのパッケージが異なるという仕様になっています。ちなみに、主人公が選ばなかった国のストーリーが気になる場合は、DLCコンテンツとして割安で購入することも出来ます。

私はどちらのストーリーも体験しましたが、二つの国のどちらに味方するかによって物語の展開はまったく異なるものになっていました。

白夜王国に味方した場合は、王道的なストーリーが展開されます。暗夜王国からの侵攻を防ぎながら、戦争の原因である暗夜王を倒す物語です。悪く言えば中世ヨーロッパ的世界を舞台にしたありがちな英雄譚ですが、魅力的なキャラクターの数々と息をつかせぬ展開で飽きることはありませんでした。ただ、白夜編は主人公と親しかった人たちが理不尽に死んでいく場面も多く、そこに引っかかりを覚える人もいるかもしれません。それでも、最終面で暗夜王と対峙する際のBGMは壮観の一言でした。ネタバレになるので深くは説明できませんが、ラスボスを倒したあとの展開は涙が零れてきました。ある意味、正しいヒロインの使い方かもしれない、と。

暗夜王国に味方した場合は、何者かによって操られている暗夜王の暴挙を止めるため、侵攻に従うふりをしながら反旗を翻す機会を窺うという革命の物語になります。暗夜編はいわゆる悪漢小説のような邪道な展開と言えるでしょう。平和を愛する白夜の人々を(表面上とはいえ)打ち負かしていくわけですから、正直相手の国が気の毒に思えてなりません。また、暗夜王がおかしくなっているという事実は主人公のほかは本作のメインヒロインしか知らないため、主人公の本心を理解しているのも彼女しかいません。まさに孤軍奮闘といったところです。しかし、あえて侵攻する側にまわることで戦争被害を最小限に抑えようとする主人公とヒロインのやり取りはとても魅力的でした。ただし、暗夜編は最後の最後まで邪道を貫き通した作品で、ラスボスに意外な人物を据えているんです。やはりネタバレになってしまうので多くは語れませんが、ここでも主人公を苦しめるのか、と切ない気持ちにさせられました。

冗長になってしまった嫌いはありますが、「ファイアーエムブレムif」はストーリー、キャラクターともに魅力あふれる素晴らしい作品でした。二つの国の物語の真実を知りたい場合は、DLCコンテンツ「インビジブルキングダム」編が発売されていますので、そちらも試してみると良いでしょう。というより、3つの物語すべてをプレイすることをオススメします。

私はクリアしたので売りましたが、高い値段で売れましたしゲームも楽しめたので久しぶりに満足できたゲームです。

ゲームとポイントサイト

お金がほしい、お金を貯めたいという気持ちはほとんどの人が持っているものだと思います。

でも実際には一攫千金を期待して、宝くじを買ったりちょっと株などやってみて「やっぱり無理~」となってしまいます。給料は上がらないし、バイトを追加するには体力や時間がない、節約しなくてはいけないのもわかるけどストレスはためたくない。そんな私はネットを活用してお金を稼ぐことにしています。

 

ブログを見ると何万も稼いでいる人がおられるので、私のやり方はまだまだ甘いようですが、それでも月々三千円は確実にいただいています。ひとつひとつは本当にわずかな額です。私はアンケートサイトとポイントサイトを利用していますが、アンケートサイトは一つ答えて1円から2円、ポイントサイトはネットショッピングをするとだいたい購入金額の1パーセントがいただけます。労力がたいしてかからないことと、自分の好きな時間でできることが大きな魅力です。

 

わずか1円2円ではありますが、実績を積めばもっと高額な報酬がいただけるアンケートやモニターに採用されることもあります。ポイントサイトもショッピング以外にゲームや広告を見るだけで稼げることもあるので研究して収入を上げることは可能です。余裕があればこれらのサイトには複数登録しておくことをお勧めします。

 

私もそれぞれ3つほど平行して行っています。自分に合うものだけにしぼってもいいですし、さらに増やしていくのも自分次第です。サイトにはそれぞれ特徴がありますから、上手に使い分けるとさらによいと思います。ちゃんとお金になるのだろうか、とか情報が漏えいしないだろうかとか最初は色々心配にもなりましたが、今のところ困ったことはありません。住所など詳細な個人情報の登録を必要としないサイトもあるので不安な方はそこから始めて様子を見てもいいと思います。

少額だから、面倒くさそうだから、今までやっていないから、そういう気持ちをとりあえずは置いておいて、まずは登録して始めてみませんか。今そのままでたまらないのであれば、ちょっとだけ行動に移してみませんか。わずかなお金かもしれないですが、おいしいランチが何回か食べられる喜びや、積み立てて大きく育てる楽しみが得られますよ。

ゲームを高く売る方法は買取ショップを比較することです!

引っ越しの際にしばらくゲームをやっていなかった事も理由にあり、心機一転にて、この際まとめて手持ちのゲーム機からゲームソフトまで一掃してしまうと思い立ち段ボール箱にまとめてゲオに持って行きました。

周辺にはリサイクルショップや同業者はありましたが、ゲオでゲームを売ろうと思った理由としては、ゲームの取扱数がその中のお店の中では一番多かった為、自分の予測として売り手が多いから取扱数が多い、すなわち売り手がそれなりに満足する値段で買い取ってくれるのではないかという予測と、ゲームではありませんが、周辺の同業者でCDや漫画本に洋服などを売った際に自分としては高価格を予測していた物が二束三文で買い取られた苦い思い出があった為、二度と売るまいと決断したお店も何軒かある為、今回はゲオに期待して持って行く事にしたのです。

とは言っても、私が売ろうとしているソフトも使用感丸出しにソフトが傷だらけの物や、説明書が無い物もいくつかあった為、弾数で勝負という考えであり、ゲーム機と合わせても2万円に届けば、まあ嬉しいかという所でした。

そうこうしている内の目的地のゲオは国道沿いにある市内の同系列店舗の中では小さめのお店で駐車スペースも少なく、中々車を停め辛い入れ辛い難点があるのですが、幸いお店の出入口近くの駐車スペースに駐車する事が出来、エッチラオッチラ段ボールを担いで店内に入りました。

入店すると買取カウンターに重なるゲームの山、どうやら私と似た境遇の方が先客有りの模様で、しばらく待たされる予感で、見事に的中してしまい1時間は待つ事になると言われてしまいましたが店内で時間つぶしをして過ごす事にしました。

漫画本を物色したり、中古洋楽CDを探してみたり、レンタルDVDを手に取ったりして過ごす事、1時間と予想を超えて30分、いよいよ緊張の値段発表に、期待しないように期待しないようにと落ち着かせながらも、やはり自分の心に嘘はつけません。

「なんでも鑑定団」で予想価格を超えた時の気持ちって、こんな感じだったのかと実感をしました。

結果、3000円の査定、はい、ありえませんね。もちろん買取を断って持って帰りました。
オークションで売れば何倍にもなるのですが、オークションは手間がかかるので、ふと他のゲーム買取ショップではどのぐらいで買取してもらえるのか調べてみようと思いました。

そこで見つけたサイトがこちら。

http://ゲーム買取価格比較.com/

ゲーム買取ショップの買取価格と特徴を比較しているサイトで非常に参考になりました。

このサイトで一番高く売れるお店の査定はなんと25000円!ゲオの10倍以上あります。

どうやら、私が売ったソフトの中に異様に高価格の物が1枚ありました。

ネットの買取店はこう言ったレアなゲームに買取価格をはずんでもらえることがあります。

何かの間違いではないかと思いましたが、売ってしまえばこっちの物とさくさくと換金を済ませました。
ちなみにドラゴンスターというお店でうりました。

申し込んでからすぐにゲームを発送すると数百円ボーナスもつけてくれるし、入金も早かったのでまたリピートしようと思います。

ps vita 戦国無双4 empiresを売りました

戦国無双4、戦国無双4-2を連続してプレイした私が戦国無双4empiresに心ひかれないわけがありませんでした。もちろんプレイしました。

本ソフトは実際の歴史の勢力図をもとにプレイしていくモードと、勢力図なども自由に作り替えてプレイできるモードがあります。わたしがまずプレイしたのは後者のモード。好きな武将だけを集めた、夢の勢力を作り、そこから天下統一を目指しました。

このゲームのはまるポイントは、勢力の中で、共に戦う仲間との好感度を上げていくことができることです。好感度を上げるには、政略で、武将と武将を交流させるコマンドがあるのですが、それを用いるか、戦場で近くで戦う、などがあります。それを繰り返していくと、戦場で好感度の上がっている武将同士が近くにいた場合、特殊イベントが発生し、それにより、親友、忠臣、夫婦、師弟、宿敵などの関係性を獲得します。関係性がある武将同士がいると、政策を選ぶときにイベントが発生したり、戦場で近くによると、特殊台詞が発生したりします。戦国無双4には、芯の通った好感の持てるキャラが多いので、私はみんな全体的に好きです。そのため、好感の持てるキャラ同士がなかよく会話したり、切磋琢磨しているのを見ると微笑ましいです。好きな武将と夫婦になると、場面各所各所で嬉しい台詞を言ってくれます。ネットではこちらの方も大変話題になっています。女性などはこれを目当てに買う人も多いかと思います。おまけモードで、こちらはいつでも再生できます。再生、というのが正しい言い方だと思います。どのシーンでも武将は、だれが相手でも、その場面用の台詞を言うためです。(たとえばライバル用の台詞、妻用の台詞など)

実際の歴史上の勢力で戦うモードはまだ途中までしかやっていないのですが、4と微妙にリンクしていてよいのではないのかと思います。でも、私は好きな武将が各勢力にちりじりになっているので、同じ勢力で戦いたくてイライラします。政略で、こちらにきてほしい武将の、敵の大名に対する忠誠を下げるコマンドなどはあるのですが、有利にはたらいたことはありません。忠誠度100の状態から50を切るまで、コマンドを繰り返しても、引き抜きや、捕縛あとのスカウトが失敗するなどのことがありました。特に敵国の大名とほしい武将が血縁者の場合はまったく寝返ってくれなかったような気がします。井伊直政や伊達政宗などを仲間にしたかったのに、終盤になると全く仲間になってくれませんでした。しかしこれは、私の情報量不足かもしれません。

ここまでさんざん、本筋とそれたようなことを書きましたが、アクションゲームとしても快適です。携帯機だけあって、敵兵の数も少しものたりない感じがしますが、我慢できます。

不満点があるとするなら、4では、一旦レア武器を手に入れたら、よろず屋で使い回せたのですが、今回ではなくなっていました。強くてニューゲーム的な楽しみはありません。とはいえ、優秀なキャラゲーである上、アクションとしても快適なので、おすすめです。

私は前作に比べると物足りなかったためすでに売ってしまいました。そこそこな値段で売れましたので、飽きた人は早めに売った方がいいと思いますよ。

時間泥棒タクティクスオウガ

今のところ、私の人生の中で最もやり込んだゲームと言えば一つしか思い浮かびません。

今は無きクエストという会社がSFC用ソフトとして発売した『タクティクスオウガ』です。

非常に名作だとは話に聞いていましたがウォーシミュレーションはあまり得意ではなく、

何となく手にとってみたのも中古屋で非常に安くなっていたのを見掛けたからです。

で、暇潰しには丁度よさそうだと購入し、家の本体にカセットを挿して電源ON。

大して長くも無いデモが終わり、タイトル画面が表示される頃にはもう虜でした。

なんなんだ、あの(SFCとしては)とんでもないクォリティーのオープニングは?!

そしてタイトルで放置していると流れるデモは、ユニット紹介のものと

ストーリー本編開始に至るまでの歴史が語られるものの2通りが交互に流れる仕様。

タクティクスオウガ、このゲームは只者じゃない・・・。

さらにSRPGが苦手な人間でも、結構複雑なゲームのシステムをすんなり覚えられる

チュートリアルも完備されています。

今でこそチュートリアル搭載のゲームは珍しくもないですが当時は非常に斬新でした。

ゲームを実際に開始する前にベタ惚れ状態になったのは、後にも先にもこのゲームだけです。

さて導入部が非常に素晴らしくともその中身が尻すぼみ、

というパターンはゲームというジャンルに限らず往々にしてよくある事ですが、

この作品に関しては始まってからが文字通りの本番でした。

美しいグラフィックと非常によく動くアニメーション、世界観を彩るBGMの数々、

戦闘システムにユニット育成の奥深さ、重厚なストーリーと何もかもが作りこまれており、

あまつさえ戦闘フィールドの地形やどうでもいい障害物にまで自然の気候や文化・風俗と言った

世界観の一端が説明されるヘルプメッセージが用意されているという凄まじさです。

そして重厚なストーリーはただでさえ十分に練りこまれているものが、

事もあろうにルートが途中の選択肢により3つに分岐するんですね!

それにより同じキャラクターでも敵になったり味方になったり生きたり死んだりします。

と言っても少々ネタバレすると展開が大きく変わるのは第三章までで、

ストーリーが収束する四章では主人公のアライメントというステータスと

ストーリー上仲間になるユニットぐらいしかハッキリとした違いはなくなるのですが。

さてここまでで十分お腹一杯のはずなのですが、このゲームには「死者の宮殿」という

非常に有名なやりこみダンジョンが存在するのです。

そのボリュームたるや本編に負けず劣らずなのですが、

ここでしか入手できないアイテムや魔法、出会う敵のボリュームも本編に匹敵します。

そして必殺技習得という専用のフィーチャーまでも用意されているのです。

タクティクスオウガ・・・どこまで私の時間を浪費させれば気が済むのか。

最終的にはあまりにもやり込みすぎて、

攻略情報のほとんど無い状況からノート約2冊分の攻略本の自作にまで至りました。

ここまでゲーム研究攻略に情熱を注ぎ込む事は、今後は多分ないと思われます。

複数のDVD買取店舗を利用する節約術

私は大の映画好きです。ほぼ毎日のように映画を観ています。

時々映画館で観賞することもありますが、ほとんどレンタルショップでDVDを借りてきて観ています。

本当は映画館で観たいのですが、通常、割引がないと2000円近く料金がかかるため、レンタルをしています。

レンタルであれば、2000円もあれば10本以上は観ることが出来るからです。

私の場合、観る量がかなり多いので、映画館で観る時は、本当に好きな監督の映画であることが絶対条件です。

しかも、割引サービスのある日、例えば毎月1日は映画の日なので安く観賞することができますし、メンズデイやカップルデイ、レイトショーなども通常より安く観られます。同じ映画を観るのであれば、こういったサービスを利用しないともったいないと考えています。

それでも、同じ値段ならばレンタルショップを利用した方が断然お得です。

私は今、2つのレンタルショップの会員になっています。しかも、それぞれのショップを2店舗ずつ利用しています。

つまり、合計で4つのレンタルショップを利用しているという訳です。

なぜかというと、割引サービスやクーポンの発行などが店舗によって異なるからです。

週末になると、各店舗から半額クーポンや1本100円というクーポンなどが送られてきます。

もし、1つのお店だけを利用していた場合は、そのお店だけのお得情報しか仕入れることができませんが、複数のショップや店舗を利用していると、最もお得なお店を利用することが可能になるのです。

以前、ある店舗で新作の映画をレンタルしたことがありました。ただ、新作なので1週間のレンタルはできず、1泊でレンタルしていました。

その後で、たまたま別のショップに行ったところ、その作品が1週間レンタル可能となっていたのです。

しかも、クーポンも利用できたようで、半額にできたのです。

月に1回や2回くらいの頻度でしか利用しない人にとっては、それほど大きな問題ではないかもしれませんが、私の場合、毎週5本は借りていますので、家計のことを考えても結構大きな問題なのです。

各店舗によってサービスが違うことに気が付いてからというもの、私は、レンタルをする時は必ず複数の店舗の情報を得てから出かけるようになりました。年間を通して考えた場合、かなりの節約になっていると思います。

映画は人生をより豊かにするものだと考えているので、これからもたくさんの映画を観賞したいと思っています。

そのためにも、今後もこの節約術をうまく活かしてレンタル生活を送りたいと考えています。