メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン

メタルギアシリーズ最新作にして、小島監督の最後のメタルギア。

メタルギアシリーズは社会情勢や近未来的な装備など、もしかしたらありえるかも・・・という非常にリアルな情報が多く盛り込まれていて、ストーリーの作りこみも良いので見て楽しい、プレイして楽しいゲームと言えるでしょう。

前作と時系列が大きく戻って今迄の謎が明かされる部分や、自由に武器やヘリなどをカスタマイズすることで、お気に入りの装備で潜入する事が出来ます。

敵の兵士を回収して味方として活用したり、バディと呼ばれる様々な相棒によって戦況に合わせた戦術を取ることも可能です。

現在では数多くのプレイ動画がUPされており、プレイに行き詰った際も参考になるものばかりです。中にはとても真似できないようなスーパープレイを投稿している方もいます。

フルトン回収システムと呼ばれるもので、敵兵士、車両、固定兵器など欲しいものは戦場に多くあります。車両は色を変更することも可能で、好きな色のビークルで戦場を駆け回ることもできます。メタルギアらしくネタ要素も満載で、真面目な話ばかりでは疲れてしまう方も飽きずにめげずにプレイできる内容だと思います。

マルチプレイ用のメタルギアオンラインもセットで入手でき、自分が作ったキャラクターで他のプレイヤー達との共闘、対戦も楽しめることでかなりボリュームの多いソフトだと言う印象を受けました。FOBと言う場所に単独で潜入しスタッフを奪ったり、敵プレイヤーが自分の抱えているFOBに侵入した際には警備兵と共に防衛することもできるので、お互いのFOBに潜入し合う遊びもいいものです。

基本的に敵に見つからないように進むのですが、重装備で突入してもやり方次第では殲滅もできるので、メタルギア特有の”潜入”という概念にとらわれる事のない十人十色のプレイスタイルが今作では特に強調されています。

時代背景はアメリカとソビエト連邦による冷戦と言われた時代、歴史をある程度知っているとより世界観に没入できる事請け合いです。ただそんな知識が無くても十分に楽しめるように制作されているので、プレイヤーを選ばない間口の広いゲームだと思います。

クリアした後は、なんだか長い映画を見終わったような感覚になります。