時間泥棒タクティクスオウガ

今のところ、私の人生の中で最もやり込んだゲームと言えば一つしか思い浮かびません。

今は無きクエストという会社がSFC用ソフトとして発売した『タクティクスオウガ』です。

非常に名作だとは話に聞いていましたがウォーシミュレーションはあまり得意ではなく、

何となく手にとってみたのも中古屋で非常に安くなっていたのを見掛けたからです。

で、暇潰しには丁度よさそうだと購入し、家の本体にカセットを挿して電源ON。

大して長くも無いデモが終わり、タイトル画面が表示される頃にはもう虜でした。

なんなんだ、あの(SFCとしては)とんでもないクォリティーのオープニングは?!

そしてタイトルで放置していると流れるデモは、ユニット紹介のものと

ストーリー本編開始に至るまでの歴史が語られるものの2通りが交互に流れる仕様。

タクティクスオウガ、このゲームは只者じゃない・・・。

さらにSRPGが苦手な人間でも、結構複雑なゲームのシステムをすんなり覚えられる

チュートリアルも完備されています。

今でこそチュートリアル搭載のゲームは珍しくもないですが当時は非常に斬新でした。

ゲームを実際に開始する前にベタ惚れ状態になったのは、後にも先にもこのゲームだけです。

さて導入部が非常に素晴らしくともその中身が尻すぼみ、

というパターンはゲームというジャンルに限らず往々にしてよくある事ですが、

この作品に関しては始まってからが文字通りの本番でした。

美しいグラフィックと非常によく動くアニメーション、世界観を彩るBGMの数々、

戦闘システムにユニット育成の奥深さ、重厚なストーリーと何もかもが作りこまれており、

あまつさえ戦闘フィールドの地形やどうでもいい障害物にまで自然の気候や文化・風俗と言った

世界観の一端が説明されるヘルプメッセージが用意されているという凄まじさです。

そして重厚なストーリーはただでさえ十分に練りこまれているものが、

事もあろうにルートが途中の選択肢により3つに分岐するんですね!

それにより同じキャラクターでも敵になったり味方になったり生きたり死んだりします。

と言っても少々ネタバレすると展開が大きく変わるのは第三章までで、

ストーリーが収束する四章では主人公のアライメントというステータスと

ストーリー上仲間になるユニットぐらいしかハッキリとした違いはなくなるのですが。

さてここまでで十分お腹一杯のはずなのですが、このゲームには「死者の宮殿」という

非常に有名なやりこみダンジョンが存在するのです。

そのボリュームたるや本編に負けず劣らずなのですが、

ここでしか入手できないアイテムや魔法、出会う敵のボリュームも本編に匹敵します。

そして必殺技習得という専用のフィーチャーまでも用意されているのです。

タクティクスオウガ・・・どこまで私の時間を浪費させれば気が済むのか。

最終的にはあまりにもやり込みすぎて、

攻略情報のほとんど無い状況からノート約2冊分の攻略本の自作にまで至りました。

ここまでゲーム研究攻略に情熱を注ぎ込む事は、今後は多分ないと思われます。