信長の野望シリーズが大好きです。特に信長の野望革新

私はコーエーテクモゲームスが販売する、信長の野望シリーズが大好きです。
十作以上販売されているシリーズのほぼすべてを購入してプレイしました。

その中でも特に、信長の野望革新という作品が一番のお気に入りです。
リアルタイムに軍を動かし、敵の兵力と自分の兵力を考え、出陣します。
ところが、自分が攻めている時に、他の勢力(第三勢力)が手薄になった、自分の城を攻めてきて、やむなく、兵を戻し、自城を守るという、その駆け引きが楽しいのです。

駆け引きだけでなく、武将の顔のグラフィックが、怖い顔の武将が多いですが、とても渋く、書き込まれています。
お気に入りの武将の顔グラフィックを眺めているだけで幸せな気分になるのです。

残念なことに、シリーズが最新に変わっても、グラフィックに変化のない武将もいますが、
多くの有名武将は、シリーズごとに、新しい顔グラフィックに変わっていて、このメーカーの絵師には感服しています。

また、姫のグラフィックも多彩な絵です。
基本的に姫はみな、容姿端麗であり、萌的な絵ではないのですが、逆にそこが好感を持てる要素です。

もうひとつ、オリジナル武将の作成が毎回楽しいです。
名前、能力、顔グラフィック、寿命、登場年など、細かにプレイヤーが設定でき、
実在の人物を作るのもいいし、友人や会社の嫌いな上司の名前をつけるなど、楽しみ方は無限大です。

姫武将も作成できるので、好きな女の人の名前をつけて、自分の分身である、新武将と婚姻関係を結ぶなどといった、人に見つかったら、恥ずかしい思いをする遊び方を私はこっそりとしています。

嫌いな上司をあえて作って、捕獲し、自分の部下にして、こきつかうなどといった、プレイもいいですね。

信長の野望シリーズの特徴は、長く遊べることです。
もちろん、飽きが来ないゲームは存在しませんが、同社の姉妹シリーズ、三国志と信長の野望シリーズが、飽きが来た時に交互に販売開始されるので、いつも戦国時代戦争ゲームを新鮮な気持ちで楽しんでいます。

今後もお小遣いをためて、信長の野望シリーズを購入したいと思います。
賛否両論わかれるゲームですが、終わることなく、シリーズを作り続けていただきたいとメーカーに期待しています。